防衛省は南西地域の防衛体制強化を進めており、離島奪還作戦を担う陸上自衛隊の水陸機動団は、早くから沖縄配備が取り沙汰されてきた。政府は、キャンプ・シュワブに配備する計画を「有していない」と否定しているが、沖縄は尖閣諸島に近く、訓練環境も適しているとされ、今後もくすぶりそうだ。