「弁護士は医師に似ている。紛争解決への処方箋を示し、依頼者に安心してもらうことが大切だ」  弁護士として大切なことを問われ、「事案の本質を見抜くこと」と即答する。  心掛けているのは迅速な事件処理。「仕事を後回しにするのが嫌いで、手持ちの宿題は即、終わらせるのが信条」と話す。