昨年は本戦出場ラインに2打及ばなかった伊波莉羅が、イーブンパーの3位と好発進した。  アイアンが暴れ、なかなかチャンスにつけられなかった。それでも第1打がショートした16番(パー3)、残り30ヤードからパーを拾って上位戦線に残った。