沖縄県が26日発表した2020年(1~12月)の入域観光客数は、前年比63・2%(642万7300人)減の373万6600人となった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う旅行の自粛や航空路線の運休・減便などにより、過去最大の落ち込みとなった。