東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、西武鉄道は26日、春のダイヤ改正を3月13日に実施すると発表した。終電の発車時刻を各社最大15~30分ほど繰り上げる。

 終電繰り上げは、東京メトロが全線で実施する。おおむね10分程度で、千代田線の16分が最大。東急は、こどもの国線を除く全線で15~30分ほど早める。

 東武は伊勢崎線、東上線、大師線で10~15分程度、西武は山口線と多摩川線を除く全線で20~30分程度繰り上げる。

 4社は、春のダイヤ改正時の終電繰り上げと、新型コロナ感染拡大に伴い現在実施中の繰り上げは、対象路線などが異なるとして注意を呼び掛けている。(共同通信)