新型コロナウイルスの感染予防で普及したマスクが、対面コミュニケーションに影響を与えている。声も表情も伝わりにくい中で相手との距離感を縮めるにはどうすればいいのか。研究者は、視線など「非言語情報」の重要性を指摘。この壁に長年向き合ってきた聴覚障害者に学ぶ取り組みも行われている。