大学入試改革の行方が定まらない。「暗記中心」「1点刻みの選抜」の脱却を掲げたが、本番まで約1年となり、大看板だった大学入学共通テストへの英語民間検定試験と記述式問題の導入見送りを余儀なくされた。今後、この二つをどう扱い、改革を進めるのか-。