沖縄県東村高江の県道70号沿いで確認された「LZ17A」と書かれた立て札は、米軍がヘリ着陸帯(LZ)の位置を示す目的で設置したことが26日分かった。照会した沖縄防衛局によると、米軍は「LZ17A」は「既存の着陸帯」だとし、使用目的に関しては「運用に関することで答えられない」と回答した。