中小企業の従業員ら約4千万人が加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)は26日、2021年度の都道府県ごとの保険料率を決めた。最高は佐賀の10・68%、最低は新潟の9・50%で、沖縄は9・95%だった。4月納付分から適用する。全国平均は20年度と変わらず10・0%に据え置く。