河野太郎行政改革担当相は26日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスワクチンに関し、国民の不安を払拭(ふっしょく)する目的で自身が率先して接種を受ける可能性に言及した。「国民に足踏みされてはいけないので、そういう状況になったら先駆けて打つことはあり得る」と述べた。