東日本大震災以降も、熊本、鳥取と断続的に地震が発生している。沖縄県内でも今後30年のうちに大規模地震が30%前後の確率で起こる可能性が専門家から指摘されている。「巨大地震、守れるか県民の命と健康」と題し、災害医療をテーマにした県医師会公開講座が12日、開かれる。