共同通信 ニュース

時津風親方の指針違反、調査へ コロナ対策破り2度目、厳罰必至

2021年1月27日 18:54

 大相撲の大関正代関らの師匠、時津風親方(47)=元幕内時津海、本名坂本正博、長崎県出身=が初場所期間中にマージャン店に通うなど、コロナ対策のガイドライン違反が判明し、日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は27日、同親方らへの事実確認など調査を進める方針を示した。違反が2度目のため、解雇を含めた厳罰は必至とみられる。

 時津風親方

 相撲協会の懲戒処分は7項目あり、重い順に解雇、引退勧告、降格、業務停止(協会事業への従事停止)、出場停止、報酬減額、けん責と続く。同親方は外出禁止期間に地方でゴルフをするなどの違反で、昨年10月に委員から年寄へ2階級降格処分を受けた。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
記事を検索