天皇、皇后両陛下は27日、住まいの赤坂御所で、昨年7月の豪雨で65人が亡くなるなどの被害を受けた熊本県の被災者をオンラインで見舞われた。両陛下によるオンラインを用いた被災者との交流は初めて。両陛下はモニター越しに「大変でいらっしゃいましたね」「お体を大切に」と言葉を掛けた。

 妻まさ子さんの遺影を携えて参加した矢野解光さん=27日午後、熊本県芦北町役場

 宮内庁によると、両陛下は直接の被災地訪問を希望していたが、新型コロナの感染拡大で実施困難な状況が続き、代わりにオンラインの活用に踏み切った。

 両陛下は蒲島郁夫熊本県知事から被災や復興の状況について説明を受けた後、人吉市、八代市、芦北町、球磨村の被災者やボランティアらと懇談した。(共同通信)