【大宜味】大保ダム入り口から約200メートル先に樹高約5~6メートルのカンヒザクラ(バラ科)2本が八分咲きになっている。2本のうちの1本は花が多く付いている。  蜜を求めてミツバチがせわしく飛び交い、ピンクの花びらが日差しを受け、青空に映えている。