2004年に生まれたダウン症の長男歩睦さん(16)との生活をつづった「誰だって誰かのヒーローになれる」を出版した。兄弟げんかやハプニングが起きたり、夢を抱いて勉強や習い事に励んだりする日常は、障害の有無に関係なく明るさと気付きを与えてくれる。