【ワシントン共同】バイデン米大統領は27日、ホワイトハウスで、地球温暖化に伴う気候変動対策を米国の外交と国家安全保障の柱に据えるとの大統領令などに署名し「行動を起こす時だ。われわれは世界的な対応をリードしなくてはならない」と述べ、米国が国際的な対応を主導していくことに意欲を表明した。

 バイデン米大統領(ロイター=共同)

 温暖化対策に後ろ向きで、国際枠組みの「パリ協定」から離脱したトランプ前政権から大転換となる。バイデン氏は再生可能エネルギーの導入などを通じて「多くの雇用を生み出す」と述べ、化石燃料に依存する経済構造の変革に取り組む姿勢を示した。(共同通信)