菅義偉首相は28日未明、バイデン米大統領と電話会談した。日米同盟の強化に向けて協力する方針を確認。経済、軍事両面で影響力を強める中国を見据え、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて緊密に連携することで一致した。沖縄県・尖閣諸島は米国による防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象と改めて確認した。新型コロナウイルスの感染状況を見極めつつ、菅首相が可能な限り早期に訪米し対面で協議を行うことを申し合わせた。

 菅義偉首相、バイデン米大統領(AP=共同)

 両首脳による電話会談は、バイデン氏の就任後初めて。首相は祝意を伝達した。今夏の東京五輪・パラリンピック開催については話題にならなかった。(共同通信)