【読谷】農業生産法人大地のめぐみ(小林文男代表)が読谷村高志保のハウスで育てている「キーツマンゴー」が収穫の時期を迎え、2月上旬の出荷に向けて準備を進めている。通常はキーツマンゴーの収穫時期は8月下旬から9月で、同法人は「日本一早い出荷だ」としている。