自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は28日、国会内で会談し、新型コロナ特別措置法と感染症法の改正案修正を巡り、感染症法改正案に盛り込まれた刑事罰を削除することで合意した。入院拒否者に対する「1年以下の懲役か100万円以下の罰金」は、行政罰の過料に変更する。金額は午後1時からの再会談で改めて協議する。

 会談に臨む自民党の森山国対委員長(左)と立憲民主党の安住国対委員長=28日午前、国会

 野党が求める懲役刑の削除が修正協議の最大の焦点だった。与党は2月初旬の法案成立を目指している。

 これに先立ち、立民は新型コロナ対策本部などの合同会合を国会内で開き、両改正案から懲役刑や過料などの罰則を削除するよう与党に求める方針を改めて確認した。(共同通信)