共同通信 ニュース

ハンク・アーロンさん最後の別れ 22日に86歳で死去

2021年1月28日 15:34

 【ロサンゼルス共同】米大リーグで歴代2位の通算755本塁打を放ち、22日に86歳で死去したハンク・アーロンさんの葬儀が27日、アトランタ市内の教会で営まれ、大リーグ機構のセリグ前コミッショナーやクリントン元米大統領らが参列した。

 米アトランタ市内の教会で営まれたハンク・アーロンさんの葬儀=27日(ロイター=共同

 大リーグ公式サイトによると、セリグ前コミッショナーは「夢を追う方法を教えてくれて感謝している。決してあなたのことは忘れない」と故人をしのんだ。アーロンさんの遺体を乗せた霊きゅう車は、ブレーブスで1974年に不滅とされていたベーブ・ルースの記録を抜く通算715本塁打を放った当時の本拠地跡地を通り、墓地に向かった。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
記事を検索