[神奈川はなITmedia]

 日本映画製作者連盟(映連)は1月27日、2020年(令和2年)の映画興行収入を発表した。

2020年(令和2年)全国映画概況(以下、画像は日本映画製作者連盟より)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けた20年の国内興行収入は総額1432億円。現在の集計方法になった00年以降では最低で、過去最高だった19年(2611億円)の約半分(54.9%)となった。

 特に落ち込みが大きかったのは洋画の340億円(前年比28.6%)。邦画は1092億円(前年比76.9%)だった。

 作品別に見ると邦画は10月に公開された『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の365.5億円(興行全体の25%/邦画収入の33.3%)が群を抜いている。洋画は19年12月公開の「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」が73.2億円(興行全体の5%)で1位だった。

2020年(令和2年)興収10億円以上番組(令和3年1月発表)邦画・上位10作品
2020年(令和2年)興収10億円以上番組(令和3年1月発表)洋画

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.