札幌市教育委員会は28日、記者会見し28年前に教え子にわいせつ行為をしたとして、市立中学の佐藤正人教諭(56)を懲戒免職処分にしたと発表した。教諭は事実関係を否定し、市教委も過去に処分を見送っていたが、東京高裁が昨年12月の判決で教諭の性的行為を認定。事案発生から長期間を経て異例の処分を出した。

 記者会見で謝罪する札幌市教育委員会の担当者=28日午後、札幌市

 市教委は「長い間つらい思いをさせた。おわびする」と謝罪。教え子の石田郁子さん(43)は「信念を通し処分が実現できて良かった」と話した。

 教諭の弁護士は「判決をうのみにすることは許されない。(懲戒処分については)人事委員会に取り消しを求める」とのコメントを出した。(共同通信)