厚生労働省は28日、ベビーシッターによる子どもへのわいせつ事件防止に向け、保育中にわいせつや虐待事件を起こし、刑を終えたシッターの氏名をインターネットで閲覧できる仕組みをつくり、2021年度をめどに開始する方針を決めた。氏名を公表することで再犯防止を図りたい考え。