県警は28日、国の持続化給付金の不正受給に関し、相談が約110件(昨年5月~12月末、暫定値)あったと発表した。県警関係者によると「申請したが、詐欺に当たるのか」「家族が不正に申請した」などの相談が相次いでいるという。