沖縄総合事務局財務部は28日、1月の管内経済について「新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況にあるなか、持ち直しに向けたテンポが緩やかになっている」との判断を示した。「緩やかな持ち直しの動きがみられる」とした前回(10月)の判断から、下方修正した。