琉球銀行の川上康頭取と沖縄銀行の山城正保頭取が29日午後、那覇市内で共同記者会見を開く。2氏が共同会見するのは初めて。2行は会見内容を明らかにしていないが、一部事務の共同化について検討する方針を発表するとみられる。一方、経営統合については完全否定する見通し。

(資料写真)那覇の市街地

 2行は昨年3月、ATMの引き出し手数料を相互に優遇することで提携。顧客の利便性を向上させる一方で、ATMの運営効率化によってコスト削減につなげてきた。

 日銀のマイナス金利政策や、新型コロナウイルス感染拡大で経営環境は厳しさを増しており、その他の分野でも効率化を進める狙いがあるとみられる。