「ステイホーム」を求められても、住む家がない-。新型コロナウイルス危機に伴う緊急事態宣言が出された昨年4月、ネットカフェで暮らしながら働く人々が住む場所と仕事を同時に失った。