県環境政策課は26日、糸満市が県に提出した「糸満市物流団地等造成事業(仮称)」の環境影響評価(アセスメント)方法書に対し、20項目の知事意見を出した。工事に伴い、赤土などによる水の濁りや陸域生物への影響などが懸念されると指摘。