中堅航空会社スターフライヤー(北九州市)が29日発表した2020年4~12月期決算(単独)は純損益が75億円の赤字(前年同期は4億円の黒字)だった。11年の上場以来最大の赤字額となった。