大相撲初場所中にマージャン店などに行くなど、新型コロナウイルス対策のガイドライン違反が判明した時津風親方(元幕内時津海)が日本相撲協会を退職する意向であることが29日、関係者の話で分かった。2度目の違反で解雇を含めた厳罰は必至とみられるが、処分内容にかかわらず協会を去る姿勢という。