県議会で28日にあった新沖縄振興・公共交通ネットワーク特別委員会で、県教育委員会義務教育課の目取真康司課長は不登校の児童生徒の学びの保障計画案を明らかにした。県内で不登校の児童生徒が増えていることから、新たな対策として学校内の空き教室を活用して支援室を設置。