【宜野湾】米軍普天間飛行場周辺の湧水などから指針値を超える高濃度の有機フッ素化合物が検出された問題で、宜野湾市の松川正則市長=写真右=は29日、沖縄防衛局と外務省沖縄事務所を訪れ、県による基地内の立ち入り調査の実現を図るよう求めた。