沖縄タイムス+プラス ニュース

【動画あり】沖縄県、那覇空港に到着した希望者にPCR検査を開始 3日から 事前予約が必要に

2021年2月1日 17:12
 

 沖縄県の玉城デニー知事は1日、県庁で記者会見し、新型コロナウイルス感染症対策として、那覇空港到着時にPCR検査を受けられる体制「那覇エアポートPCRテストプロジェクト(NAPP)」を発表した。国や、地域独自の緊急事態宣言が発出されている地域から来県した受診希望者が対象で、1日に事前受付を開始した。3日から検査を始める。

空港PCR検査プロジェクトについて発表する玉城デニー知事=1日、沖縄県庁


 検査期間は3月末までを予定しており、運営が安定するまでは1日100件程度、その後は200件程度に増やす方針。
 事前申し込みが必要で、費用や申し込み方法は、県観光振興課のホームページで確認できる。
 知事は「水際対策でウイルスの侵入を防ぎ、医療への負担を軽減することができるとともに、県民経済の着実な回復につなげていくことができる」と述べた。
 また、県民が誰でも、迅速で安価にPCR検査が受けられるよう、準備を進めていることを明らかにした。

連載・コラム
記事を検索