【恩納】仲泊小学校(根路銘国哉校長)の5年生22人は1月27日、村恩納の農地で赤土流出防止対策としてイネ科の植物「ベチバー」の植え付けを体験した。  5年生は総合学習の授業の一環で、サンゴの保全活動や赤土流出防止対策について学んでいる。