沖縄県伊是名村立伊是名中学校の1~2年生が「受験生応援プロジェクト」としてこのほど、中学校の玄関に3年生の高校合格を祈願するミニチュア神社「伊是名天満宮」や鳥居を設置し、3年生を激励した。

後輩の作った合格祈願の掲示物の前で受験への気合を入れる中学3年生=伊是名中学校

 新型コロナウイルス感染症の影響で修学旅行も中止になり、島外の神社での合格祈願も難しい中で、受験勉強を頑張っている先輩を元気づけようと、生徒会執行部を中心に実行した。ミニチュア神社は3年担任の名嘉嶺恭一教諭が作った。

 中央の絵馬には3年生13人がそれぞれの決意表明を書いた紙が貼られ、両サイドには1、2年生からの激励の言葉も添えられた。後輩らは「受験生に明るい気持ちになってほしい」と、2、3月にも新たな応援企画を練っているという。

 3年生の諸見天音さんは「後輩からの思いが感じられとてもうれしい。頑張れる」と笑顔で話した。(比嘉靖通信員)