自衛隊と米軍は7日、安全保障関連法に基づく初の日米共同訓練を、うるま市沖の浮原島(うきばるじま)周辺で実施した。安保関連法で新設した日本の平和と安全に重要な影響を与える「重要影響事態」が発生したと想定、墜落した米軍機のパイロットを自衛隊員と米兵が共同で探索、救助する手順を確認した。