京都の狂言大蔵流茂山千五郎家が5日に大阪松竹座で「狂言の会」を開く。新型コロナウイルスの影響で昨年は大阪での狂言会ができなかっただけに、当主の十四世千五郎は「会を企画していただけるのがありがたい。やりがいを感じています」と意気込む。  演じるのは「釣針」の太郎冠者。