外務省は1日、水産資源の持続可能な利用を推進するため、東京海洋大名誉博士でタレントのさかなクンを「海とさかなの親善大使」に任命したと発表した。任期は同日から12月31日まで。プラスチックごみによる海洋汚染や、違法漁業の問題を同省のホームページなどで分かりやすく発信する。