【モスクワ共同】ロシアのメドベージェフ安全保障会議副議長(前首相)は1日、日本との北方領土交渉について、昨年7月の憲法改正により「ロシアの主権が及ぶ領土の引き渡しに関する協議はできなくなった」と述べ「交渉の対象がない」との認識を示した。ロシアメディアとの会談で表明した。