輝喜(てるよし)重機(沖縄県東村、金城一喜代表)が開発した「フィールドリッパー」の普及が進んでいる。フィールドリッパーは、硬くなった土壌の改良に役立つことから、農家や行政からの依頼が相次いでいる。