県は1日、名護市辺野古の新基地建設を巡る「抗告訴訟」で、県の訴えを却下した那覇地裁の判決を不服とした控訴理由書を福岡高裁那覇支部に提出した。裁判の審判対象となることや、原告適格性が認められることを主張した。