1月31日に本部町沖でいかだ釣りをしていた男性が付近海上で遺体で見つかった事故で、名護海上保安署は1日、事故の発生場所を当初「本部釣りいかだ」としていたのを「本部町の釣りいかだ」に訂正した。担当者は「事故関係者から聞き取った(別の事業者が提供する場所の)名称をそのまま記載していた」と釈明した。