昨年3月に大学を卒業した学生のうち就職した人の割合は77・7%(44万6082人)で、前年より0・3ポイント減ったことが文部科学省の学校基本調査で分かった。近年は就職率の上昇が続いており、減少は2010年以来。