自民党の二階俊博、公明党の石井啓一両幹事長は2日、国会内で会談し、次期衆院選広島3区の与党候補として斉藤鉄夫公明党副代表を擁立する方針で大筋合意した。自民党広島県連が推す石橋林太郎県議は比例代表に回す。両党の選対委員長も協議し、議席獲得に向け地方組織同士の連携を強化することを確認した。