新型コロナウイルスは一向に収束の気配がなく、緊急事態宣言の延長が決まった。先が見えず不安やストレスを抱え込みやすい生活が続き、閉塞(へいそく)感は自殺者増や、感染者らへの差別などの形で顕在化している。専門家は「つらい時は助けを求めて」と訴える。