名護市辺野古のサンゴ採捕許可申請を巡る「国の違法な関与」取り消し訴訟で、福岡高裁那覇支部は農水相の是正指示は適法との初の司法判断を示した。県が判断する前に国が強権的に許可を迫る手法を追認したと言え、またしても国の権限が広がる結果となった。