公選法違反罪で有罪の一審判決を受けた河井案里被告(47)が3日、参院議員を辞職したことを受け、地元広島からは「当然だ」「遅すぎる」など批判の声が相次いだ。(3面参照)  広島の市民団体「河井疑惑をただす会」の山根岩男事務局長は記者会見を開き「市民に詳細を説明し謝罪するのが筋だ」と強調した。