沖縄タイムス+プラス ニュース

翁長知事、まもなく就任2周年 「誇り」と「豊かさ」両立を

2016年11月9日 05:00

 翁長雄志知事は8日夜、知事就任2年に先立つ政治資金パーティーを那覇市内のホテルで開いた。知事は冷戦時代の保革対立構造で、保守陣営が「豊かさ」を、革新陣営が「誇り」を重視してきたと指摘。「保革に分かれていがみ合うのではなく、立場の違いを乗り越えて誇りある豊かさを実現したい」と強調した。

県知事就任2周年激励会であいさつをする翁長雄志知事=8日、那覇市・沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ

 就任以来、最重要視してきた名護市辺野古の新基地建設阻止では「当選直後は『明日にも埋め立てられるのでは』と不安だったが、この2年間、辺野古にバケツ一杯の土も入れられていない」と指摘。

 「知事選、衆院選、県議選、参院選、すべての選挙で県民の理解をいただき、自信がわいてきている」と述べ、新基地建設に反対する姿勢が県民の理解を得ているとの認識を示した。

 知事は12月10日に就任2年を迎える。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「やばい、知事の遺言が残ってた」動揺する記者 急転直下、裏取り急ぐ

 名護のトラウマ 沖縄知事選「接戦」報道に疑念 予想的中した現場感覚

 「なぜあんたが出ない」革新側に吹き続けたすきま風 宜野湾市長選の舞台裏

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS