沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄で新たに58人感染【2月4日昼】

2021年2月4日 15:15

 沖縄県は4日、新たに58人が新型コロナに感染したと発表した。県内の累計感染者数は7749人。

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)


 在沖米軍関係は新たに5人が感染し、累計で927人となった。
 県は7日までとする独自の緊急事態宣言を2月いっぱいまで延長する方針。玉城デニー知事は県対策本部会議や緊急経済対策本部会議を経て、午後5時から記者会見を開いて発表する。 
 県が3日に発表した感染者は10歳未満から90代の男女60人。1月中旬から感染が急拡大していた宮古島市の新規感染者数は8人で2日連続の一桁台だった。県は「濃厚接触者は追跡できており新規の患者は減っていく。新たな感染源の発生がなければ今のペースで推移するのではないか」して、状況が収まりつつあるとの見方を示した。 
 2日までの直近1週間の人口10万人当たり新規感染者は33・77人で、最多の東京都の37・59人に次いで全国2番目だった。

連載・コラム
記事を検索