官営八幡製鉄所の東田第1高炉の火入れ式が行われた。明治中期に軍備増強、鉄道、造船など鉄鋼需要が増大。鋼鉄から圧延加工製品まで生産する日本初の一貫製鉄所が操業を開始した。